グルテンフリーを始める理由

暮らしを整える

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

近年グルテンフリーを取り入れている有名人がいますが、その理由を知りたくて私なりに調べてみました。

 

グルテンフリーとは小麦に含まれるタンパク質のこと

 

周りの食品を見ると沢山のグルテンが入っていることがわかります。

パン、うどん、パスタ、ラーメンなど入っていますが、昔と今では少し変わってきています。

昔は自生していましたが、現代は沢山収穫できるように品種改良が繰り返されてグルテンが増えていると言われています。

 

 

グレテンの何がいけないのか

 

腸の炎症を起こしてしまう

タンパク質は体内に入ると小腸で吸収されますが、グルテンは消化されないまま小腸に到着し、腸の壁に炎症を起こしザルの目のように荒らしてしまいます。このような腸の状態になってしまうと食物アレルギーを引き起こして化学物質も体内に入りやすく有害物質の過敏症にも繋がってしまいます。

 

無性に食べたくなる

誰にでも無性に食べたくなるのはグルテン食品。それは自分の意志が弱いのではありません。

脳内では小麦製品や乳製品を食べるとモルヒネと同じ物と勘違いをしてしまい、ハイになってしまい食べれば食べるほど食べたくなってしまうのです。

 

 

グルテンによって起きる症状

 

 

下痢、便秘といった腸に不調が始まり頭痛、倦怠感、関節や筋肉痛、湿疹、注意力の低下など全身に現れます。もし今小麦製品にハマっているのであれば小麦製品を抜いて見てください。

2週間してみて不調が良くなったらグルテンのアレルギーの可能性があります。

 

 

グルテンフリーの考えの違い

 

 

日本ではグルテンフリーは痩せる事を目的としている人も多いはず。しかし、それは誤解。健康な人が実践しても効果があるという科学的根拠はまだ見つかっていないそうです。

また、健康な人がグルテンフリーを始めるとビチミンBや食物繊維が不足して、太る原因になってしまうのです。

 

このことから、私が思うことはアレルギーがグルテンフリーで治って身体がスリムになったことからダイエットにいいとウワサが広かったといえます。逆に健康の人は太ってしまう恐れがあるのでしっかりと見分けなければなりません。

1番大切なのは健康です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました