日本最古の仏像様が祀ってある善光寺に初詣

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

善光寺に初詣に行ってきました。



善光寺は年間600万人が訪れます。初詣の三が日だけでおよそ50万人が参拝する長野県でも有名なスポットになりますね。

善光寺は約1400年の歴史がある寺院。しかも、日本最古の仏像を御本尊が祀っています。

善光寺の御本尊様は一行三尊阿弥陀如来様になり、552年の仏教伝来の際に同時に朝鮮半島の

百済(くだら)から渡ってきた仏像です。

御本尊様は中央に阿弥陀如来様、向かって右に観音菩薩様、左に勢至菩薩様が並んでいます。

しかし、この一行三尊阿弥陀如来様は私たちは見ることができないし、それも善光寺の寺社関係者にも一切見ることができないのです。

その理由は保存上の問題とも東南から保護するためとも言われていますがその詳細は誰にも分からず現在に至るまで謎のままとなっています。




私たちは直接拝むことが出来ませんが7年に1度御開帳で扉が開きます。

御開帳のときも残念なことに見ることは出来ませんがその代わりに「前立本尊」像をお披露目されます。

つまり7年にたった1度だけお目にかかれるのは前立本尊様になります。

前立本尊様は一行三尊阿弥陀如来様と全く同じお姿をされていると伝えられていて御開帳において前立本尊様とご縁を結ばれれば、如来の力で極楽浄土へ行けると信じられてきました。

参拝時には前立本尊様の右手に繋がれた糸が回向柱に結ばれ、この回向柱に触れることで如来様とご縁を繋いだとみなされます。

2015年の御開帳のときは57日間と短い期間ながら707万7700人(過去最多)が参拝に訪れました。本来は2021年に開催される予定でしだがコロナで密になってしまうことから今年2022年に開催されることになりました。

期間 2022年4月3日~6月29日 (88日間)

御開帳の期間には限定のお守りや御朱印がありますので、その期間にまた行きたいと思います

善光寺はどこの宗派にも属さない無宗派の珍しいお寺です。

善光寺が創健されたときにはまだ仏教が分かれる前だったのでどこの宗派にも属していないのです。

じゃあこの立派な善光寺はどうやって成り立っているのでしょうか。

山内の天台宗の大勧進と呼ばれる寺院(25院)、浄土宗の大本願と呼ばれる寺院(14坊)で運営されています。

宗派という壁がないので誰でも参拝できることから古くから広い信仰を集めてきたようです。

また善光寺と深いつながりがあるのが「戸隠神社」のある戸隠山と飯縄神社のある飯縄山。

この2つは古くから山岳信仰の霊場として栄えた場所で善光寺と共に「北信濃3大パワースポット」と言われています。

2022年新春限定の御朱印も頂いて来ました。





新年早々こんな可愛い御朱印を頂けたので今年は良い年になりそうです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次
閉じる