来年の目標と年間計画を作る理由

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ



今の季節来年の手帳が発売をしていて、来年はどんな年にするのか考えるだけでワクワクします。

そんな中、来年はどんな目標にしようかと考え始める時期です。

以前の私は年末になると目標を立ててみるものの(頭の中で)2月にはその目標は忘れられて春になる頃に「今年の目標は?」と聞かれたときには答えられず適当に答えたことがありました。

その時の私はテレビを見ながら目標を考えていてその目標は手帳に書くこともしませんでした。しかしこの目標は目標じゃなく,だたの思いつきに過ぎませんでした。毎年このサイクルでずっとやってきたのだから目標や夢も叶うはずはありません。


そんな私が変われたのは些細なことでした。ふっと見た動画サイトで仕事をして帰宅してテレビも見ないで勉強をしてお休みの日は何時間も勉強しているカッコいい女性。自分の未来のためにやるべきことを明確にして頑張っている人って憧れます。

なせかって自分にはない自分の未来のためにやるべきことがわかっているから。

私も自分の未来を考え行動をしようと決めました。私でいうカッコいい人って行動力があると感じます。

そんな私が考え行動をしたのはオンラインサロンに入ることでした。オンラインサロンに入ることで仲間ができ切磋琢磨できると考えたからです。

そこで、色んな学びがあります。

学んだこと

  • 手帳に書いて行動する
  • 夢は目標にして実現する
  • 行動すると自分が変わる
  • 仲間がいる事で頑張れる


そこで、目標と年間計画の大切さと立て方を紹介していきます。


目次
スポンサーリンク

来年の目標





目標とは叶えたいこと。

今までの私は目標を立てても行動しなかったことが原因でした。

どうして行動に移せなかったのでしょうか?

原因

  • 目標が大きすぎる
  • 目標を達成したら何があるのか明確になっていない
  • 目標のスタートとゴールが決まっていない


目標が大きすぎる

目標を立ててその後の計画ができていないとブレブレになって目標を諦めてしまうという悲しい結果になってしまいます。

そうならない為にも計画が重要になってきます。

そこで私がやっているやり方を紹介していきたいと思います。

使用するのはフランクリンプランナーの目標用紙




この1年の目標に対して細かく書き出していきます。

(例)今年の目標 ダイエットする!理想の体重 42キロ

やること

  1. 身体を柔らかくして怪我をしないように柔軟をする。
    *YouTubeでストレッチの仕方を調べる
    *朝夜ストレッチをする

  2. ウォーキング
    *15分のウォーキング

  3. 筋トレ
    *YouTubeで探す
    *朝晩5分行う

  4. 食事
    *野菜中心にする
    *18時30分以降は食べない
    *禁酒(土曜日は飲んでOK)



この様に自分ができる範囲まで細かくしていきます。

きつい・やりたくないと思っているのであれば、もっと細かくしていきます。

楽にできそうと思うまで細かくしていきます。

目標を達成したら何があるのか明確になっていない

目標達成したら自分に対してのメリットは何か?

自分が成長できているのかを思って私は目標を決めています。


年間計画



来年の目標も決まり細かい計画も出したらいよいよスタートとゴールを決めます。

今まで目標にゴールを決めていましたがスタートを決めたことがありませんでした。

それは、目標に向けて細かく計画をしていなかったのでスタートを決める必要もなかったから。

今は細かく計画を立てているのでスタートとゴールを決めていかないと目標には辿りつけません

なので私は来年の目標に向けて12月頃から計画を立てていきます。

使用する年間計画はプランクリンプランナーのプライニングカレンダーになります。



毎月目標に向けての計画を書いていきます。

そして、最後に年間計画を見ながら1月の計画を細かく立てていきます。

1月が4週あれば週ごとに計画を振り分けていきます。

以前の私は目標だけ決めていただけなので自分でも目標に向けて何をしたらいいのか、書き出すこともせずに思いつきで目標に向かっていました。

オンラインサロンに入らなければ気づくことができませんでした。

フランクリンプランナーも初めて使った時は難しく何度も挫折しかかった私ですが何度もオンラインサロンの主催者の方が丁寧に教えてもらうことができ感謝しかありません。

目標に向かって計画を立てていると気持ちも楽になるような気がします。また思い通りに計画がいかなかったときは改めてそこから計画をしていきます。

まずは自分が簡単に出来そうなことからスタートをするのがおすすめです。



スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次
閉じる