ワクワク100リスト書き方ポイント

持ち物を整える

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

何の為の100リスト

日々退屈と感じている人は意外と多く、特に大人になると新しい経験をする機会が少なくなり、これからの未来が想像できるようになりつまらないと思えてきます。

そう考えてくるとこれからのことを思うとどうしたらいいのか悩んでしまいます。

そこで、まずこのワクワク100リストを書くことでこれからの道しるべのキッカケになれば嬉しいです。

 

ワクワク100リストを書いてみよう

ワクワク100リストを書く時は必ず時間制限を設けて下さい。

その理由は、時間制限のある中で書き出すことで本当の願望が現れ、価値観が明確になってきます。ワクワクリストは自分と向き合うツールで、定期的に見直すことで自己成長を感じられます。

ワクワク100リストを書き出す前に、今気になっていることを付箋に書き出しておくと、集中してワクワクリストが書けます。

 

書き出すポイント

*どんな小さいことでもぶっ飛んだ夢でもok 

*出来るか出来ないかではなく、やりたいかやりたくないかで考える

*他の人には見せないので思いっきり妄想しまくる

なかなか100個書き出すのができない人のために私がやっていた方法を紹介したいと思います。

①大きめの付箋を10枚用意します

②項目を10個決めて各1枚づつ書いていきます

③各1枚につきタイマーを使って1分で10個書いていきます

一気に10枚書かなくても時間がある時に書いてみて下さい。

ワクワクリストを書く時は朝がおすすめ。脳がスッキリしていて朝からワクワクリストを書くとその日はhappyな1日が過ごせます。

 

ワクワクリストを必ず見直す

100リストを書いた後、注意してほしいのが定期的に100リストを見て下さい。

よく聞く人生の100リストは1回書いたら書き直さない人もいると聞きますが、必ず見直すことが大切です。

それは、10代20代30代40代50代60代と自分の価値観が変わってくるからです。

価値観も変わればワクワクも違ってくるので、せめて半年に1回書き直すとワクワクリストも違ってきます。

 

おわりに

ワクワク100リストを書いてそれで満足しないでほしいです。

書いたからといって叶う訳ではありません。そのワクワクリストをみて行動を起こすことです。

行動することで、脳もいい方向になりワクワクキャッチしてくれるのです。

こらからは日々の退屈をワクワクして暮らしていけたら嬉しいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました