夜眠れない時の睡眠方法

心と身体を整える

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

なかなか寝付けない人や途中で何度も起きてしまう人は私の周りでもいたりします。せっかく寝たと思ったら2、3時間で起きてしまってまた寝るのに時間がかかってしまうといいます。

 

そんな人に昔から何時間睡眠をとっているか聞いてみたら6時間は寝ていないと言っていました。

 

調べてみると、睡眠時間が6時間未満の割合(平成30年)は

男性は36、1%

女性39、6%、

 

年代別だと

30代男性50%

50代女性54、1%

でした。

 

そして7時間以上睡眠をとっている人は

男性29、5%、

女性25、7%

 

このデータを見て7時間睡眠が少ないのは意外でした。

私はどんなに悩んでいても寝れるタイプみたいんです。それも8時間は寝ないと勝手に寝不足だと思い込んでいます。

そんな私が以前働いていた時に寝れなくなった時があり睡眠について調べて見ました。

 

 

睡眠不足になるとどうなる?

 

寝不足になると健康に悪いとよく聞きますがどんなふうに健康に良くないのか。

 

病気になりやすい

睡眠が6時間以下の人は、そうでない人より死亡率が5、6倍も上がるという研究があります。

また健康に悪いと言われている喫煙ですが驚いたことに喫煙よりも睡眠不足に方が健康に悪いという研究者もいるそうです。

そう言われると若い頃は大丈夫と思っていても何十年後にあらわれてしまうと思うと睡眠って大事なんだと思います。

 

仕事力が低下する

睡眠不足で仕事をするとどうゆう状態になるのでしょうか。

集中力、注意力、判断力、作業記憶、気分、感情などが脳機能が低下してしまいます。

そうすると本来の力を出すことが出来なくなり、3~5割減くらいの能力で仕事をすることになります。

せっかく仕事をするならテキパキしたいのにもったいない。

 

太りやすくなる

睡眠不足になると体が「危険性」を感じてしまいエネルギーを蓄えようとして食欲増進ホルモンのグレリンの分泌が増えてしまうのです。

もしダイエットをしたいのであればその前に睡眠を整えてから始めるのがおすすめです。

 

就寝2時間前からの使い方で決まる

 

睡眠の質が悪ければ意味がありません。

質のいい睡眠をした人は目覚めがスッキリしていて、アラームなしでも起きれます。

それではどうしたらスッキリ目覚めることができるのでしょうか。

寝る前に脳をリラックスさせて上げることが大切です。

そこで就寝前2時間のルーティンを紹介していきます。

 

入浴

深い睡眠に入る為には寝る時には体温が下がっているときに就寝がおすすめです。なので寝る前の90分までに入浴を終えること。

入浴の温度は40度、湯船に入る時間は15分が目安です。

 

ストレッチ

入浴後は体が暖かくなっているのでゆっくりとストレッチをしてあげて日中頑張った体をほぐしていきましょう。

ストレッチでもきついのではなくゆっくりと痛気持ちぐらいでほぐしていくと福交感神経にスイッチが入り眠くなって来ます

 

照明を暗くする

寝るときは真っ暗な環境で寝ると睡眠の質が良くなるので豆電球をつけて寝ると睡眠物質のメラトニンを抑制してしまいます。

 

おわり

 

睡眠時間は人それぞれです。寝ている時間が持ったいないという人や4、5時間の睡眠でスッキリする人もいます。

しかし、生まれた赤ちゃんや小さいお子さんはどうでしょうか。

両親がしっかり睡眠時間を摂ってくれるので何時間も寝ています。

私達はいつから睡眠を削るようになったのでしょうか。

いつから睡眠不足から睡眠が短くても大丈夫になったのでしょうか

最初はみんな一緒のスタートだったはずです。

考えさせられたような感じでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました