フランス田舎町のようなサンクゼールの丘

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ



今回長野県飯綱町にある「サングゼールの丘」に行ってきました。全国に店舗がありますがここはそサングゼールの本店になります。また久世福商店もサングゼールの参加に入っておりサングゼールの本店と同じ場所に本店があります。

サンクゼール 地図

5月に入りようやくサングゼールの丘も春を迎え森林も鮮やかな色になって散策するにはいい季節になって来ました。そんなサンクゼールの丘を紹介していきたいと思います。

目次
スポンサーリンク

サンクゼール本店

日本に居ながらフランスの田舎町に来たような風景。ゆっくり時間が流れている感覚なので忙しい人にはぜひ来てもらいたい場所ですね。最初に目に飛び込んでくるのはぶとう畑。

しかし、剪定されていて今回は寂しい感じです。

そして、ぶとう畑を通り過ぎていくと可愛い黄色い家がサンクゼール本店になります。

1歩家の中に入ると大人女子が好きなおもちゃ箱が広かっていました。

サンクゼールでは自家製のワイン・ジャム・パスタソースなどがあります。長野県はお蕎麦が有名ですがそのお蕎麦を使ったパスタもありました。商品の品揃えが多いので買い過ぎてしまうので注意が必要かも知れません😁

でも見たこと、食べたことが無いのを発見するワクワクがあり時間があっという間に過ぎてしまいます。

久世福商店本店

こちらの久世福商店はサンクゼールとは商品がガラリと変わり和のセレクトショップになります。

サンクゼールのお店の奥に久瀬福商店があり、雰囲気が変わってきます。

だしバックや調味料など各地の商品を集めたお店になっていて、行ったことのない場所の商品がここで買うことができるので使ったことのない商品で料理してみるとレパートリーが増えて料理をするのも楽しくなってきそうですね。

さらに奥に行くと・・・

「ザ・日本」って感じですね。日本だけでなく今外国では日本酒を飲む人が多くなっているのでここで飲み比べができるので喜びそうですね。

スポンサーリンク

テラスで休憩

サンクゼールのお店を通り過ぎると中庭が見えてきます。

ここの広場では季節ごとにイベントも行われているそうです。詳しくはサンクゼールのホームページに載っているので確認してください。

ここは標高が高いので夏は比較的涼しいのでリフレッシュできるのでおすすめのカフェになり、小腹が空いたときはちょっとした食事ができるようになっています。

自然の中の教会

サンクゼールの丘から坂道を2,3分歩いていくと左側にまた可愛い建物が見えてきます。この建物は「ワイナリーレストラン」になっています。

以前ここのレストランで食事をしたときの見晴らしが良かったのを今も覚えています。そして、すぐ横に教会があります。

欧米で人気のワイナリーウエディングがここサンクゼールの丘で行えます。大自然で開かれるウエディング、新郎新婦だけではなく招待された人たちもテンションが上がりそうですね。

1日1組限定。しかも、年間20組のみ!

日本人は「限定」と言う言葉に敏感だと言いますよね。私も限定と聞くと欲しくなってしまうこともあります💦

また、こんなのを発見!!

一般の私でも参加できるのかな?出来るのなら1回参加してみたいですね。改めて調べてみようと思います。

スポンサーリンク

まとめ

最後に私が購入品を紹介していきたいと思います。

これから暑くなってきたときに飲みたくなるのがこの商品になります。

(写真)

私は夏になると炭酸で割って飲んでいます。今回はこの2種類しかなく残念・・・。暑くなるとスッキリした飲み物が欲しくなりますがこの「飲む酢」は甘いものが苦手の人でも調整できて後味もスッキリしています。

また、ネットでは発売されていないようでサンクゼールの店舗のみかな?!

久しぶりにサンクゼールの丘を訪れて可愛い建物。自然の中のテラスでゆっくりできるこの場所は癒しの空間。ぜひリフレッシュしに来てみて下さい。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次
閉じる