【旅の思い出】オリジナルの「旅ノート」の作り方を解説

スポンサーリンク
めめきん

どこに行っても旅の思い出は大切な宝物ですよね。

ピヨ

せっかくなら、現地で見聞きしたものや感動した体験を、1冊のノートにまとめてみませんか?

旅ノートは、あなだただけのガイドブック。今回はお手本を参考に、旅ノートの作り方をご紹介します。

目次
スポンサーリンク

旅ノートで思い出を永遠に

ピヨ

「旅に出よう!」と思い立ったが吉日。
観光地をじっくり巡るもよし、自然豊かなレジャーを楽しむもよし。

めめきん

どこを訪れて何をするか、スケジュールを考えるだけでわくわくしてきますよね。

ピヨ

旅行という特別な時間を満喫するなら、事前準備はもちろん、最後に思い出を記録するところまでこだわりたくありませんか?

そんな旅の楽しみ方を広げてくれるアイデアが、旅ノートです。

旅ノートとは、いわば遠足のしおりのようなもの。

旅の行程や持ち物リスト、ルールが書かれたしおりは、旅行気分を高めてくれます。

今や、多彩なジャンルのガイドブックが手に入る時代。

けれど、自分で一つひとつ気になる情報を探し当てることも、旅行の醍醐味ではないでしょうか。

めめきん

その時に感じた自分の気持ちも、忘れずに旅ノートに書き残して、旅行に行く前から帰ってきた後まで、思い出を丸ごと記録できますよ。

ピヨ

旅ノートで、いつまでも色褪せない思い出を記録してみては?

世界にひとつ、私だけのガイドブック

旅ノートを作る

まずはノートの準備からスタート。

スケジュールやリストを書き込みたい場合は、罫線のある用紙や方眼用紙のノートが見やすくておすすめ。

また、イラストをメインにしたり、自由なレイアウトを楽しんだりするなら、無地のノートがぴったりではないでしょうか。

旅ノート作りを実践

日程表を書き出しながら、訪れる場所や使う交通機関などの予定も詳しく確認します。

また、ホテルの住所や連絡先をメモしておけば、何かイレギュラーなことがあった時に安心。

さらに、地図を貼り付けてあらかじめ位置関係を掴むことも、安全でスムーズな旅にするには大切なポイント。

方眼用紙のトラベラーズノートに網走での旅を記録。

見開き1ページに、旅のスケジュールからかかった費用まですっきりまとめ上げています。

細かく行動を記録した余白にイラストがちりばめられていることで、さらに旅情が伝わってくるようです。

また、利用した空港のスタンプを捺しているところも、旅ノートならではのアクセントに。

「楽しい旅行だった!」という思い出が、青いインクと相まってより鮮やかに感じられます。

スポンサーリンク

人生という旅路にノートを携えて

旅をした回数だけページが埋まり、ノートも増えていく…積み重なったノートは、自分の人生を表すひとつの軌跡ではないでしょうか。

ノート1冊を小さな鞄に入れ、日常から抜け出した先に待っているものが、きっとあなたを満たしてくれるはず。

ピヨ

シンプルな旅路には、トラベラーズノートがおすすめ。

めめきん

多種多様なノートリフィルから、自分の好きな用紙を選べるところが大きな魅力。

ピヨ

旅ノートのスタイルに合わせて、紙の素材や罫線の有無などをチェックしてくださいね。

めめきん

また、ポケットシールやジッパーケースをセットすれば、切符やチケット類の整理にもぴったり。

「うっかり失くしてしまった」なんて”旅行あるある”とも、これでおさらばできそう。

思い出をしっかりと繋ぎ止める、オリジナルカスタマイズを編み出してみて。

道中のアイデアはペンでかき集めて

旅の途中で体感した嬉しさや驚きは、新たに押し寄せる感情に上書きされてしまいがち。

また、壮大な景色に全身が圧倒された時の感覚も、写真だけでは拾い切れないかもしれません。

現地の方との心温まる交流も、覚えておきたいですよね。

旅ノートは、切り取りたい瞬間を大切に納めたアルバムでもあります。
ちょっとしたひらめきや気持ちをその場でメモするよう心がければ、記憶の整理にも役立つはず。

スポンサーリンク

スクラップして空気感まで綴じ込める

旅ノートの作り方でぜひ活用したいのが、スクラップです。

食べたスイーツのラベルなどを貼り付けて、立派な思い出のキーパーソンに仕上げています。

旅先では、パンフレットやチケットといった様々な思い出のかけらが手に入りますよね。

めめきん

旅ノートにスクラップすることで、そのまま保管しているよりもずっと深く、記憶に根付いてくれるはず。

ピヨ

移動中も旅の一環だからこそ、記録にわくわくするエッセンスを加えてみて。

シンプルな機内食の手作りメニュー表に感想まで書き込めば、料理の味も鮮明に思い出せそう。

旅の始まりから終わりまで、空気感を色濃く綴じ込めた旅ノートの完成。

イラストや写真を添えてみよう

パンフレットやガイドブックには、観光名所の美しい写真が何枚も載っていますよね。

ピヨ

自分で目にした景色をそのまま落とし込んだイラストも、珠玉の1枚となるはず。

めめきん

自分の視点が捉えた景色から、当時の感動が雄弁に語りかけてきそう。

まとめ

旅ノートの作り方は心のコンパスに任せよう

旅の準備を整えて心から楽しむために、旅ノートの作り方を案内してきました。

めめきん

スケジュールやリストをもとに旅しながら、今しかない感動を記録して。

旅を終えた後も、ノート上に現れた心のコンパスが、思い出を鮮やかに指し示してくれるでしょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳・システム手帳へ

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次