不安や悩みを整理できるジャーナリング

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

めめきん

なんだか分からないけどモヤモヤする

ピヨ

いつもと変わらない毎日なのに何故か不安になる

そんなときおすすめなのが心を整理してくれるのがジャーナリングになります。

そんなジャーナリングとはいったいどんなものなのでしょうか

今回はそんなジャーナリングについてお話していきます。

目次
スポンサーリンク

ジャーナリングとは

「書く瞑想」と言われているのがジャーナリングです。

方法はとてもシンプルでひたすら頭に浮かんだことをノートに書いていくというもの。

基本的には人に見せるものではないので、丁寧な言葉や綺麗に書く必要はありません。

また、内容よりも手を動かすことで意識することがポイント。

深く考えすぎず、ありのままの気持ちを言葉として沢山アウトプットすることがジャーナリングの効果を高めるために必要なのです。

ジャーナリングの効果

書き出した内容を見返すことにより自分のココロの状態を客観視でき自分自身の理解が深まることです。

何に悩み不安だったのかなど今の感情の整理をすることで未来に対してもポジティブになれるメリットがあります。

また集中して息を吐き出すように頭の中を書き出すことにより集中力を発揮して自分自身をニュートラルにすることができます。

仕事などのストレスや不安を軽減してよりリラックスした状態になり、ジャーナリングを習慣化することにより集中力アップも期待できます。

スポンサーリンク

ジャーナリングの方法

ただひたすら書くというシンプルな方法で色々な効果が得られるジャーナリング。

ここから具体的な方法をご紹介します。

STEP
テーマを決める

ジャーナリングに書くことはなんでも自由ですがテーマを決めることで自分自身をよりいっそう深掘りできます。

テーマは自由で人間関係の悩み、仕事や恋愛のこと過去や未来のことなんでもいいのです。

1日の終わりなら今日あった良いことや感謝したいことなどもいいですよね。

STEP
時間を決めてテーマについて思いついたこと書く

時間を決めるというのは大事なポイントです。

時間は3分~15分くらいが目安ですが短くてもいいので自分の続けやすい時間で習慣化することを目指しましょう。

決めた時間内はとにかく頭に浮かんだことを書き出すことに集中しペンを止めないようにして下さい。

STEP
書いた内容を振り返る

無我夢中に書き出したことを振り返ってみることで今まで気づかなかった発見がいくつもあるはずです。

ジャーナリングとは自分を客観視するのに最適な方法のひとつなのです。

思ったことがうまく言葉にならなくても大丈夫。

言葉にならないありのままの自分を受け入れて向き合うことで前へ進む力になります。

ジャーナリングとは記録ではありません。ありのままの自分を大切にするための方法です。

まとめ

ジャーナリングとは自分を見つめて心や思考を整理整頓できるシンプルな方法です。

習慣化することで自分と仲良くなり大切に感じることができるでしょう。

定期的に行うことで心の安定に繋がり日々をハッピーにしてくれるはずです。

さぁ今日からジャーナリングを始めてみませんか?

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次