日記が続かない人におすすめの書き方コツ

スポンサーリンク

その日の出来事や気持ちを自由に書き込める「日記」。

ピヨ

最初こそ頑張って書いていたものの、だんだん億劫になってきた…という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな日記が続かない人にぜひ試してもらいたい書き方のコツを紹介します。

目次
スポンサーリンク

日記が続かないときの主な原因

①なんとなくで日記を始めた

書きたいテーマや内容が明確に決まっていない状態で日記を始めると書いている間に方向性が分からなくなってしまいます。

その結果、だんだんと日記を付ける目的も見失ってしまい、日記が続かなくなってしまうんです。

②ページレイアウトにこだわってしまう

日記の内容や書き方の理想を高くしすぎないことが日記を長く続けるコツ。

日記は自分好みに仕上げたくなるものですが書くのに時間がかかりすぎたり負担に感じてしまっては続ける気になれません。

③日記のネタが浮かばない

ピヨ

「日記には特別な出来事だけを書くもの」と思い込んでいませんか?

どんなに些細なことでも良いのでその日に感じた嬉しい気持ちやモヤモヤなど心に浮かんだことをなんでも記録してみましょう。

めめきん

心のデトックス効果にもつながりますよ。

④日記を書くことに飽きてしまっている

日記を始めたての頃は「新しいことを始めた」という気持ちが原動力となりモチベーションを保てます。

しかし、日記を書き続けているうちに新鮮さがなくなり、面倒に感じてしまうことも少なくありません。

日記が続かないときに試してほしいコツ

①毎日書くことをルール化しない

日記は、毎日書くことを義務化してしまうと負担に感じる場合があります。

仕事やプライベートで日記を書く時間がないときや、疲れて何もしたくないときは日記をお休みすることも大切。

めめきん

思い切って「日記は書きたくなったときだけ書く」というスタイルにするのもおすすめ。

②すぐ書ける場所に日記帳を置いておく

ピヨ

日記は書きたいときにいつでも書けるようにリビングや寝室などにペンと日記帳をセットで保管しておくと良いよ。

めめきん

簡単に手が伸ばせる場所に置いておくことで、日記を書く習慣がつきやすくなりますよ。

③書いた日記を後から読み返してみる

ピヨ

時々、これまで書き溜めた日記を読み返してみる。

今まで書いてきた日記はその日の出来事や気持ちを振り返られるだけでなく日々の自分の変化を客観的に見れるもの。

めめきん

自分の成長を実感できれば、日記を書くモチベーションも上がるはず。

④書くスペースが小さい日記帳で始める

気軽に日記を書きたい場合は、書くスペースが小さい日記帳を選ぶのがおすすめ。

めめきん

1日分の書く文量が少なくても良いので、忙しいときもメモ感覚で日記を続けられますよ。

スポンサーリンク

まとめ

日記は、あなたの本音を好きなだけ吐き出せる場所。

肩の力を抜いて気軽に書いていけば、いつの間にか自分だけの特別な一冊が完成します。

これから日記を書こうとしている方や日記が続かなくてお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介したポイントや書き方の例を参考に、ゆるーく日記を楽しんでみましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳・システム手帳へ

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次