オートファジー生活

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

  • 最近食生活が乱れてなんとか改善したい
  • 身体が重く感じるようになった

この「オートファジー」を実際に体験してみて身体が軽くなり朝からすぐに動けるようになったと自分自身驚きました。

その「オートファジー」とは何なのか、何に対して効果があるのか調べてみました。

目次
スポンサーリンク

1日3食は間違い?

私達は1日3食きちんと食べることが小さい頃から両親や学校の先生に言われて疑うこともなく食べてきました。それを大人になっても繰り返しています。

しかし、1食の量もそんなに多くは無いのにプクプクとお肉がついてきます。

そもそも食事はいつから3食だったのでしょうか。

それは明治以降の習慣と言われています。でも、一体3食だと何故、駄目なのか。

腸・肝臓の負担

食事をした時に腸や肝臓に負担がかかっています。

それは、3食だと食事の間が5~6時間しか空いていないので、食事をして消化されるまでに5~6時間かかります。

1日3食だと腸や肝臓が休まる時間が無くてヘトヘトになってしまうのです。

加齢でダメージ増

腸や肝臓がお休みが無いと加齢も増加してしまいます。若い頃は何とか踏ん張りが効いてギリ大丈夫ですがそれを長年続けてしまうと病気になってしまいます。

空腹時間が大切

  • 何故カロリーではなく食べない時間が大事なのか。
  • 何故16時間も休ませてあげないといけないのか。

オートファジーとは

16時間休ませることである機能が目覚めるのです。それが『オートファジー

16時間食べ物を口に入れないことで身体をリセットして、しかも若返りができるという嬉しい限りです。

16時間何も入れない事で外からのエネルギー源ではなく内からのエネルギーを調達して身体を運動させようとするスイッチが切れ変わるのです。

1回それを入れると古い細胞や老廃物を上手くかき集めてそれを元に新しい細胞を作ることで身体が生まれ変わります。

簡単に言えば・・・細胞内のタンパク質を分解して再利用をすると言うことです。

脂肪燃焼時間脂肪燃焼は10時間から始まるので5、6時間しか休ませていない場合は脂肪燃焼出来ていないと言うことになります。しかし、10時間休ませると痩せることができ太らないことができます。

そのうえをいくのが『オートファジー

16時間休ませると若返ってくと言われています。老けない人はオートファジーをやっているのかもしれません。

しかし16時間も食べないのは辛いと思うかもしれませんが方法はあります。

スポンサーリンク

睡眠時間を組み込む

16時間に睡眠時間を組み込む

睡眠8時間+空腹時間8時間=(夜)空腹4時間・睡眠8時間・(朝)空腹4時間

これを守るだけで食事は普段通りに食べていい。

しかし、ドカ食いはNG。

調整テクニック

お昼にお腹が空いてしまった時のお助けの食べ物があります。

それはナッツ。(素焼きのナッツ)

ナッツは良質な脂肪分、植物繊維、各種ビタミンが取れるスーパーフード。

特に不砲和脳肪酸(ふほうわのうしぼうさん)は

オートファジーをさらに活性化させてくれます。オートファジーアシストアイテムだったのです。

スポンサーリンク

糖がもたらす毒

現代人は糖を取りすぎていると言われています。

糖はドーパミンとβエンドルフィンの分泌加速。

また依存性と中毒性があってかなりやばい物質。

糖を取りすぎると血糖値が急上昇。ご飯を食べると血糖値が急上昇して眠くなるのは糖を過剰に取りすぎている恐れがあります。

そして、糖がもたらす病気は脂肪肝糖尿病

脂肪肝

元々アルコールを飲む人だけがなると言われていましたが糖質でもなることがわかってきました。

余分な糖質は肝臓にて中性脂肪になり脂肪としても付いています。

また注意しなければいけないのが皮下脂肪ではなく内臓脂肪なのです。

日本人の4人に1人が脂肪肝と聞くともっと自分を

ケアしていく必要が出てきます。

糖尿病

日本人の6人に1人が糖尿病糖尿病は1型と2型に分けられます。

(1型)何らかの原因で糖を分解するインスリンというものが分泌ができない状態

(2型)生活習慣によって糖尿病になってしまう。血糖値がずっと高くてインスリンを受け付けない身体になってしまって結果糖尿病になってしまう。

*今回は(2型)基準での話になります。

そして、最も怖いのが合併症リスクが高いということ。糖尿病きっかけで心筋梗塞や認知症を引き起こします。

ここまでの話を聞くと糖質制限をした方が良いように思いますがそうすると脂質を多くしてしまうので同じ状態になってしまいます。

まとめ

糖尿病になることで、がん・高血圧・認知症・アレルギー・感染症・老化など沢山の合併症があります。このような病気になる前に予防が大事になっています。その1つにオートファジーを試し

オートファジー生活をして直ぐ動けるようになり、目覚めも爽やかです。始めたときは小腹が空きましたがそこを乗り越えると体調も良くなりました。

このままオートファジー生活をしていこうと思っています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次