月のリズムを取り入れて暮らしを少しだけ心地よくする

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

私たちが活動しているのはほどんどの方は太陽が出ている時間帯。

月が出ているときは家の中にいるのであまり見上げることはありませんよね。

しかし、人々の健康のリズムは昔から月の満ち欠けの影響を受けていると言われるのです。

そんな月のリズムを少しだけ取り入れて今よりちょっと心地よく暮らすためのアイデアや月の満ち欠けを知るアイテムをご紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

月の自然のリズムを生活に取り入れる

昔から人々にとって月は身近な存在です。

めめきん

なんだか落ち込んでいるときに夜空に浮かぶ月を見上げ、心が落ち着く経験をしたことがある方もいるのでは?

特に女性は「満月の日は出産が多い」とか「満月近くに生理が来る」とか聞いたり感じたりしたこともあるのではないでしょうか。

ピヨ

新月から次の新月までの月のサイクルは29,5日で女性の月経のサイクルとも似ています。

たとえ化学的根拠は無くても深い繋がりを感じますよね。

めめきん

「月に願い事をすると叶う」と聞いたことはありませんか?

ピヨ

新しいサイクルに入る月齢ゼロ、新月のタイミングで願い事をして約2週間後の満月のタイミングで感謝や振り返りをしたり断捨離など不要な物の手放しを行うと良いと言われています。

日々仕事や家庭で忙しくなかなか自分と向き合う時間を取れないまま過ごしている人も多いはず。

ピヨ

特に女性は1ヶ月の間だけでもホルモンなどのバランスにより体や心に変化が起こりやすく気づかない間に無理をしていることもあります。

月の満ち欠けを意識して自分を見つめる時間を作れば体と心のバランスを整えるきっかけになるかもしれません。

月にまつわる文具紹介

ここからは、月の満ち欠けをもっと身近に感じられて生活に取り入れるきっかけになるようなアイテムをご紹介します。

<月の満ち欠けを上品に告げる。卓上カレンダー>

「エルコミューン」の「MATOKA(マトカ)卓上カレンダー」を紹介します。

マトカ 卓上カレンダー エルコミューン ¥1540(税込)

予定を書き込むというよりは、月の満ち欠けを確認するためのシンプルなデザインのカレンダーでその日の月の形が一目瞭然です。

金箔であしらわれた控えめな月の光沢。上品な女性らしい正方形サイズのカレンダーです。

このカレンダーの特徴の一つは各月の満月の名前が英語で記載されているところです。

海外では各月の満月に季節の変化に合わせた名前をつけている国があり農事や狩猟の目安になっていたそう。

<ネイビーにゴールドの月が美しい。卓上カレンダー>

「GreetingLife(グリーティングライフ)」の月の満ち欠けを教えてくれる卓上カレンダーのご紹介です。

GreetingLife 卓上カレンダー ¥1320(税込)

取り外し可能な温かみのある木製スタンド付き。

ホワイトにゴールドの月が並んだデザインは繊細で美しく本物の月夜を想像させてくれます。

インテリアの一部としてロマンチックにお部屋に飾ってみませんか。

<月のモチーフが神秘的なスケジュール帳>

「エルコミューン」の月のモチーフが神秘的な「MATOKA(マトカ)スケジュール帳」をご紹介します。

<マトカ スケジュール帳 エルコミューン ¥1760(税込)>

月のモチーフの背景となるカラーは「ディープブルー」と「スペースブラック」の2色展開。

月夜を表現した深みのある色味に思わず引き込まれます。一方でスウェード調の素材で温かみのある落ち着いた印象もプラス。大人におすすめしたい品のあるアイテムです。

気になるスケジュール帳の中身はマンスリー、ウィークリーと機能的で使いやすい内容になっています。

月の満ち欠けは細かく記載されていませんが新月、満月、上弦の月、下弦の月がシンプルに分かるようになっています。

月のサイクルに少しだけ興味がある。ちょっとだけ取り入れてみたいという方にもおすすめの手帳です。

スポンサーリンク

まとめ

人々は昔から月の満ち欠けを目安に生活のリズムを循環させていました。

現代の時間の感覚とは少し違いますが、月の満ち欠けは自然のリズムです。

もし、今の時間の流れの早さに疲れ、ちょっとだけ休みたいなと感じたら、月のリズムを意識してみてもいいかもしれません。

それに合わせて時々自分を深く見つめたり、振り返る時間を作ることで、今より少しだけ心地良く楽になるかもしれませんよ。そんな風に、新しいリズムを取り入れる手助けをしてくれる文具をぜひ見つけてくださいね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次