ハーブティーで身体が整う効果について解説

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

 

今日本各地気象状況の変動が激しく身体の不調を抱える人が増えていることでしょう。

それも、病院に行く程でも無い未病で悩んでいる人も多いかと思います。

気楽に体調を整えるにはどうしたら良いのか

日常に取り入れやすく習慣化することで体調が変わることが出来たら嬉しいですよね。

1日500mlハーブティーを飲むだけで改善できるとしたら試してみるのも良いはず。

そして、ハーブティーを飲むことで様々な効果が得られます。

今回はハーブティーを飲むことで何が良いのかお話ししていきます。

目次
スポンサーリンク

ハーブティーと紅茶の違い

日本ではハーブティーより紅茶の方が親みやすく手軽に飲めるイメージですがハーブティーはまだまだ手軽に飲むイメージがありません。

そして、意外と違いが分からないという人の為にここで説明をしていきたいと思います。

、豊かな香りを楽しむことが出来ます。

この事からハーブティーはリラックスしたい時に飲むイメージになりますね。

ではハーブティーはどんな効果があるのでしょうか。

ハーブティーの効果

ハーブティーは自然由来の成分ということもあり、ヨーロッパでは古くから病気の治療や消毒などの民間療法に使用されてきました。

そして、ハーブティーはカフェインを含まないことから不眠をはじめとした様々な症状にも期待出来ます。

では、大きく3つに分けてどのような効果があるのか説明していきます。

リラックス効果

最も大きな効果をもたらすのがリラックス効果。ハーブティーは豊かな香りが大きな特徴です。

その芳香作用が脳の自律神経に働きかけることにより、副交感神経の働きを促し不安や緊張、イライラなどの状態を抑えてリラックスさせてくれます。

不眠の改善

布団に入っても眠れないと言った悩みにもハーブティーは効果を発揮してくれます。

就寝時刻の1時間から2時間程前にハーブティーを飲むことで心を落ち着かせて眠りにつきやすくなります。

消化の促進

胃や腸といった消化器官の働きを調整し消化を促進する効果が期待できるのもハーブティーです。

また、吐き気や胃痛の症状の穏和や食欲不振などにも期待できます。

スポンサーリンク

飲むだけで改善できる

ハーブの成分は約6時間で身体の外に排泄されます。カフェインを含まないハーブティーならいつでも水分補給ができるのが魅力です。そして、1日に何回かに分けて飲むことをお勧めします。

そしてどのような効果があるのか詳しくあげていきたいと思います。

効果
  1. 自律神経を整える
  2. 不眠改善
  3. 便秘
  4. 冷え症
  5. 肌荒れ
  6. 消化促進
  7. 抗酸化作用
  8. 抗菌作用
  9. 免疫力を高める
  10. 殺菌・抗ウイルス作用
  11. 疲労回復
  12. 花粉症の症状を和らげる

※この中でも代表的なのは自律神経を整えると安眠効果です。

注意することもあります。

ハーブティーは1日500mlの水分が目安です。

ハーブティーは長期に渡り飲むことがお勧め

ハーブティーは薬では無いので飲んですぐに効果が表れるわけではありません。長期に渡り飲むことで体調の変化が表れてきます。

1ヶ月目で浄化
2ヶ月目で吸収
3ヶ月目で実感

最低3ヶ月間は続けることをお勧めします。

スポンサーリンク

ハーブティーは大きく分けて2種類

ハーブティーは2種類に分けられていて手軽に飲めるのがトライハーブティーになります。

しかし、フレッシュハーブティーを飲んでみると香りを楽しむことが出来ます。

まとめ

日本は茶畑があり日本茶を昔から飲んできました。なのでハーブティーの歴史は30年~50年とまだ新しい飲み物になります。

ハーブティーを長期に渡り飲むことで体調が変化していくのが実感できるというのはサプリメントのような日々の食事の不足を補うという考え方があります。

毎日500ml飲むだけで身体が整う嬉しい効果です。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気づけば既に50代主婦。持続させる事が苦手でも手帳を書く事だけは続けております。熱中できる物があれば幸せになれるもの…と言う楽天家思考。

コメント

コメントする

目次